みんなで大家さんの評判、口コミ、うわさをQ&A形式でお答えします。

みんなで大家さん Q&A よくあるご質問

「みんなで大家さん」お客様からのよくあるご質問
みんなで大家さん Q&A よくあるご質問 > 資産運用商品について

みんなで大家さんと他の資産運用商品との比較を教えて下さい。

みんなで大家さんは 不動産特定共同事業法に基づく不動産投資商品です。不動産の賃貸利益が分配原資なので、預貯金・国債と比較して収益性が高く、J-REIT・株式と違い証券市場に上場しないため、日々の価格変動がありません。

不動産ファンドにはどんな種類があるのですか?

不動産ファンドは、3種類に分ける事が出来ます。

一つ目は、SPCを利用した不動産の証券化です。私募型不動産ファンドで、少数の限定された投資家もしくは機関投資家と呼ばれるプロの投資家のみ(年金基金・銀行・生保など)が出資できる不動産ファンドをいい、プライベートファンドなどとも呼ばれています。私募型不動産ファンドは、別のヴィークル(SPCなど)を作らなければならないことや数々のプレイヤーが存在することから、複雑になりがちです。

二つ目はそのSPCを上場させたものが公募型不動産投資信託『J-REIT』(不動産投資信託)です。J-REITは東京証券取引所や大阪証券取引所に上場していて、誰でも売買できる不動産投資ファンドで、最近では預金代わりに買い付けする投資家が増えてきています。しかし株式と同様、証券市場で売買されていて値動きもあるので変動リスクを頭に入れておく必要があります。

三つ目は、不動産特定共同事業法における不動産小口化商品です。「みんなで大家さん」の場合、不動産特定共同事業法により、不動産特定共同事業者として許可を受けた営業者がテナントや居住者と建物賃貸借契約を、そして、出資者とは匿名組合契約を結び、テナントから得た賃料の利益分配を行います。出資者の皆様は、本商品に出資するだけで手軽に賃貸事業に参加することが出来るのです。

個人で行う不動産投資とみんなで大家さんはどう違うのですか?

「マンション1棟買い」に代表されるように、個人で不動産投資を行うためには、多額の資本を要します。物件の調査から始まり、事業計画、集金・出金・督促・更新・会計など様々な業務が発生します。

その一方、みんなで大家さんは、不動産特定共同事業法を採用し、営業者が持つ優良物件の賃貸利益を出資部分に応じて分配いたします。もちろん、面倒な管理は全て営業者側で行います。そしてなにより、不動産を小口化することにより、出資者は小額投資で不動産投資に参加することができます。

不動産投資にはどんな種類があるのですか?

「不動産投資」といっても実に様々なものがあります。ビル・マンション1棟買い・ワンルームマンション、倉庫、コインパーキング(駐車場)など自身が実際のオーナーとして実物投資を行う投資。これらの不動産実物投資は、賃料収入を得たり、物件を売買することで収益を得られるものの、最大のネックは多額の資金が必要なことです。さらには賃貸物件の管理の手間があり、不動産投資初心者にはハードルが高いといえます。その不動産投資のハードルを下げ、個人で簡単に賃料収入を受け取れる仕組みがJ-REIT(不動産投資信託)や不動産特定共同事業商品などの不動産ファンドです。
J-REITは、上場株と同様、配当金を得ることはできますが、日々価格の変動があります。キャピタルゲインを得る可能性はあるものの、株価が下がり、大きく損をすることもあります。不動産特定共同事業法商品は、国交省が管轄する不動産小口化商品です。その不動産小口化商品である、みんなで大家さんは日々の価格変動がなく、優先劣後システムの採用により元本の変動を極少化する仕組みを採用しています。

投資商品の中で不動産投資の魅力はなんですか?

資産運用には、投資信託、株式投資、FX(外国為替証拠金取引)、不動産投資、マンション投資、REIT、先物取引などがあります。なかでも、個人投資家による一般的な投資として、株式投資と並んで人気を集めているのが不動産投資です。元本割れなどリスクの大きな株式投資に比べ、不動産投資は、不動産を持つことで賃料という安定した収入が毎月入ってくることが最大の魅力です。みんなで大家さんは対象不動産の賃料を出資割合に応じて分配する資産運用商品となります。

みんなで大家さんとJ-REIT(不動産投資信託)との違いは何ですか?

J-REITは、証券取引所に上場している投資法人の投資口を購入し、株主になるようなものです。投資法人は、不動産に投資するための一種の会社であり、投資家は不動産の収益を配当として受け取ります。投資口は株式のようなものなので、市場で流通し流動性が高い反面、価格が大きく上下する可能性があります。一方、みんなで大家さんは年に1回、賃貸利益をもとに対象不動産の評価額を算定するため、J-REITのように日々の価格変動がありません。

よくあるご質問